投稿

コンディショニング

 今日は私の失敗談+コンディショニングの難しさ。 前回お話しした私の不調はようやく改善。 結局何だったのか、、思考を巡らせ辿り着いたのがコンディショニング失敗。 5月。初のトライアスロン出場に向けて準備をしていました。 抗がん剤が終わってから身体を戻し始め、今年に入ってからようやく前と変わらないくらい動けるようになってきていました。無理はしないと決めていながらも、やはり大会が近づくと焦るもので。。でも時間は刻々と過ぎていき、仕事の関係もあり、冬の期間思うようにトレーニングができませんでした。 焦りのピークを迎えた3ヶ月前。無理矢理スイッチを切り替え追い込みをかけ始めました😓 練習量を増やせるのは1ヶ月くらい前まで。 体重も自分がしっかり動けるベスト体重にもっていくために食べた。 無事、楽しく完走できるくらいまでは持っていくことができ、体重もベスト体重で望めました。一安心。 幸せを感じていたのも束の間。代償はしっかりくるようで。 そこから食事がうまく取れなくなり、体重4キロ減。 食欲不信。もちろん練習ストップ。 回復までに2ヶ月弱。 今回の私の失敗。①追い込むという考え方②体重の増やし方③肝臓のケア不足 ①については単純にスイッチを入れるのが遅すぎる。そもそも社会人になり趣味で競技をする上で追い込み期間は作るべきではない。毎日コツコツ積み重ねていくことが一番大事であり、一回の練習も「この辺にしとこうか」が大事。どうしても癖で一回の練習でその時持っている力を出し切ろうとしてしまう、、、現役のときはそれで良いんです。むしろそれをしないといけないんです。でももう私は立派な中年。昔の感覚を捨てましょう。。 ②体重を増やす為にちょこちょこ食べと一回の食事量を少し増やしていただけなんですが、、胃にとっては負担で限界だったのでしょう。。何でも、3ヶ月は身体は我慢が効いてくるものです。精神も肉体も。それがネガティブな環境でもポジティブな環境でも頑張り続けられるのは3ヶ月。それを過ぎるとガクンときてしまうんですね。適度に定期的にリフレッシュがとっても大事。精神だけでなく肉体も。 ③欲深い私は、仕事もしっかりやってトレーニングもしっかりやって、そして飲む!それが最高のスケジュールと思っていまして、、自分のやりたい事全部詰め込む!という感じですね😓悪くないんだけど、良くなかった、、仕事

術後アフターケア

イメージ
早くも真夏~~ 暑くて体調を崩している方が続出しております😖😖 冷房による冷えが原因となっていることも多々。難しいですが夏こそ温活しましょうね~ 今日は手術後のアフターケアの様子をご紹介。 当院では、私の実体験が引き寄せているのか、内臓疾患のope後の不調を訴える患者様が多く来院されます。 入院中にしっかり身体を休め、回復していると思いきや、退院して自宅に帰ってから不調が起こることは多々あるようです。 外から見ると手術の傷もふさがり、日常生活を送れるようになっているためもう大丈夫と思いがちです。 実際に切っているのは中なんですよね~ ・除去した内臓が大きければ大きいほど身体のバランスも変わってきます。 ・本来の機能が失われたり弱ったりしています。 ・それを補うために身体の色んな部分がカバーして正常に保とうとしてくれます。  →これが人間誰にでもある≪生体恒常性(ホメオスタシス)≫ですね。 人間の身体は素晴らしいです!でも、ちゃんとケアをしてあげないと、頑張りすぎた身体や精神が悲鳴をあげてホメオスタシスが破壊され、保てなくなるんですね。 日頃、何も問題なく生活している人でも気が付かない間に心身にダメージを受けていることが多いです。 大変な病気を経験し、手術、治療を経験した人の身体、精神は自分で自覚しているよりも大きくダメージを受けています。でも自分ではなかなか気が付く事ができないですね。 「こんなもんか」と思ってしまったり「仕方ないか」と諦めてしまったり。 元気になれます!自分一人で抱え込まず相談しましょう! 私は、術前・術後のケア、その後のアフターケアまでを師匠にお願いし行っています。 自分の院では完全リラックスで施術は受けられないのでw きっと何年たってもつきまとう不調。定期的なケアで忘れてしまうくらいになれます。 今日は当院で行っている術後アフターケアの一例を。 内臓の手術だけではなく、腰椎ヘルニアや整形外科疾患の手術後もケアが大事です。アプローチは変わりますがリハビリと合わせて行います👆 *上行結腸癌→摘出後のアフター ●お灸:キズ治療 ●鍼:胃腸機能改善、全身の気の改善 ●温石:冷え改善 これと合わせて、頭蓋調整や症状によってオイルを使用した施術を行います。 トータル60分くらいの施術。 お困りの際は是非お問合せ下さい☆ 今日はここまで😊

2年経過。

 癌発覚から2年経過。 もう2年か。より、まだ2年か。。。 5年再発がなければ治癒。あと3年ね〜 毎日カウントダウンしているわけでもないし、病気したことすら忘れてる時があるくらいの日常だけど、検査の日が近づくとやはり身構えますね。何も見つかりませんように。と。 1年検診から今までの1年間は、本当に色んなことができた。というかやった。笑 色んな人に注意、心配をかけながら、病気前と変わらない生活を送れるようになり、レースにもチャレンジでき、幸せを噛み締める日々。 その代償は後からやってくるもので、、レースを終えてからの2ヶ月不調続き。再発の恐怖が込み上げてくるような症状になり病院へ。検査。無事クリア。良かった。。 先生には、「大きな手術してるんだから仕方ないよ。」と。 2年経った今、急にこんな不調になるのか、、、不具合が起きるのは仕方ないにしても、、、なんだか納得のいかないまま休養中です。仕事以外は色々お休み。 思えば、入院、手術後から今日までの2年間、入院中、抗がん剤治療中はもちろん大人しくしてました。何もできなかったので。けど、それ以降は休めることを考えず、とにかく早く復帰。とにかく早く元通りに戻す。しか考えず、前進してきたかな。 今思えば、日常を送れるようになったわけではなく、無理矢理前と同じ生活に戻した。身体にはまだ無理だったのかもしれない。と感じております。自分では大丈夫と思っていても身体には負担だったのかな〜 かといって、前だけ見て前進してきた2年間に後悔は全くありません。そのお陰で味わえた幸せ、出会えた人、場面が沢山あるから。 手術を経験された皆様へ。 私は立場的にも性格的にも、病気とこんな付き合い方をしていますが、やはりお勧めしません。笑 やはり、大変な手術をした後の身体は、手術はもちろん、麻酔や痛み止め、治療薬により疲れ果てています。退院後、治療が終わった後はゆっくりじっくり自分を労ってあげてください。 焦らずじっくり。 それが私みたいに不具合を生じさせないための大事な時間であると実感しています。 必ず、笑顔で日常を送れるようになります。 その為にも、焦らない。 自分にも言い聞かせ、、笑 今日はここまで。

未知の領域へ

イメージ
 毎月書こうと思っているのに気がついたらもう5月、、、 前回の投稿から年が変わっていました笑 今日は、新たな一歩を踏み出したよ。というお話です。 先日、横浜で開催されたトライアスロンに出場してきました👐 オリンピックディスタンス(S1.5⇨B40⇨R10)に挑んだこの大会。 トライアスロン事態が初挑戦です。 なんで今トライアスロン?という所ですが、、、 学生の頃からずっと、いつかは必ずやりたいと思い続けていました。社会人になって仕事に少しゆとりを持てるようになって、自転車を買えるようになって、、 『来年は絶対出る!』と決めて自転車を買ったのが2年前の年末。 年が明けていざ練習を始めようと思った時、身体に異変を感じ始め、トレーニング所ではなくなり、癌という病気が判明。という感じでした。 (病気については前回までの投稿へ👈) 当時は、ほぼ乗っていないバイクを手放すことも考え、もう出場するなんて無理なんだろうな。と思っていました。 でもやっぱりやりたくて。。治療が終わったら必ず出ると決めていました。 『いつか必ず。』ではなく、治療が終わったら次の年に必ず。と。 『いつか』はやってこない事もある。ということがはっきり分かったからこそ決意を強く持っていました。 前回投稿したハーフマラソンの時同様、沢山止められました。笑 なんで今なんだ。あと一年待ったて良いじゃないか。まだ身体が正常に戻ってない。。と。確かに抗がん剤中の自分の身体、終わってからもなかなかすぐには回復しない身体に自分でもまだ早いかなと思いました。なのでとりあえずエントリーをして練習を始めて、途中でやっぱり身体がまだダメだと感じたら今回は諦めよう、出れてもリタイアしようと決めて少しづつ身体を戻していきました。 挑戦もしないで初めから諦めることだけはしたくなかったんです。 一年先延ばしにする?その一年で病気が再発したらまたできなくなってしまうじゃないか。 自分勝手ですがその気持ちが強く、反対を押し切り続けました笑 結果、身体の調子は本当によく、完全に体力、筋力が戻っているわけではないけど、挑戦できるまでにはなったかなと。バイクの練習不足は否めなかったのでリタイア覚悟で本番を迎えました! レース時間はトータル3時間弱。バイクを漕いでいる間はひたすらに怖い怖いと思ってましたが、辛いやめたいの感情は全くなく、むしろその

スタートライン

イメージ
   先日、Rabbの患者さん、スタッフと共にハーフマラソンに出場してきました! 晴天に恵まれ、素晴らしい会場と声援を送ってくださる方々のおかげで全員無事完走☆ 良かった良かった。 2022年7月、病気をし自分が生きていられる事への感謝とともに、皆平等にいつまで生きられるかなんて分からないんだと思い知らされた時、『自分がやりたい事って何だろう。』と改めて考える時間がありました。 一番初めに出てきたのは仕事。 二番目に出てきたのは、もう一度自分を限界まで追い込んでレースに出たい。でした。 大学から続けていた競技を社会人5年目くらいまでは続け、自然と優先順位が代わり出場しなくなり、いつかはもう一度と思いながら生きてきました。今年はやろうと思っても色んな言い訳をつけて諦めたことも。。 限界まで追い込まれ、自分の力を出し切った時の興奮、安堵、達成感、、普通に生活しているだけでは味わえない色んな感情をもう一度感じたい。そんな変態かもしれない思いが湧いてしまい、、治療が終わったら必ずチャレンジすると心に決めていました。 とは言っても、一度、歩くだけでも大変になってしまったこの体をどう復活させていけるのか想像ができませんでした。 そこでとりあえずスタートをきるために立てた目標が2023年11月のハーフマラソン出場。1人だと挫折しそうだったので皆を巻き込んで。笑 とりあえず完走を目標に挑んだこの大会。とても楽しく走りきることができました。一緒に走ってくれた皆さんに心から感謝です。 手術が終わって1年3ヶ月、抗がん剤治療が終わって10ヶ月。 ”まだ早い、無理をするな、自分の体を大事に”、、色んな忠告をしてくれる方々にはいつもいつもお世話になり感謝しかありません。けど、一般的にみたら動き始めるのも何もかも早いのかもしれないし無謀なことかもしれませんが、病気との向き合い方は人それぞれ。 前向きに生きていく。挑戦しながら進んでいく。こんな向き合い方をする人もいるんだと病気を抱える人への前向きなエールになることを願って。 やることやって、自分の体の声をしっかり聞きながら、周りの忠告もしっかり聞きながら笑。が大前提ですが。 ハーフマラソン完走したことでレースを目指すスタートラインに立てました! 改めて、一緒に走ってくれた方、応援してくれた方、心配してくれた方。ありがとうございました!!! 来年

1年経過。

イメージ
 サボりすぎました。ブログ投稿。。。 大好きな夏。 去年は引きこもりを余儀なくされ、海に一度も入れなかった日々でした。 取り返すかのように今年は行きまくった。笑 お陰様で海に入っても痺れが出る事はなく、動きすぎると切ったであろう腹がシクシクするくらい。ありがたい。 7月頭で一年が経過し、先日、一年検診で大腸カメラをしてきました! 一年前、癌を見つけてくれたクリニックにそれ以来ぶりに行き、やっと先生にお礼を伝えることができました。とても親身に話を聞いてくださり、『癌の大きさから、リンパに転移していることは覚悟してたけど本当に良かったね。転移してないのは奇跡だよ。』と。 改めて、何もなかったかのように生活することができ、仕事もでき、トレーニングも再開できていること、今生きていられる事が当たり前では無かったことを気づかされました。この奇跡を無駄にしないように生きないといけないな。やりたい事ばかり見て突っ走るではなく、今生かせてもらってる事に感謝し、大事にしないといけないなと。 再発、転移の恐怖を消すために必死に生きるのではなく、与えてもらった命を大切にし確実に生きていく。そっちの方が大事ですね。 まだまだやりたい事、やるべき事が私には沢山ある。まずは自分がエネルギー溢れる健康な心身でいることを一番に考え、生きていきます👍 また、先生からは、『見えないところで転移している可能性は捨てきれないから、特に婦人科系の癌の検査は言われてなくてもやって。』と言われました。気が重い。笑 でも、しっかりやることやってから好きなことやろうと病院探し中です。 とりあえず一年再発なし。クリア。 支えてくださっている全ての方に感謝です。ありがとうございます!! それではまた!サボらず書きます。たぶん。

癌という病気とのお付き合い始まる

 前回までは抗がん剤治療について書かせて頂きました! 今日はその後のお話。 やっと終わった抗がん剤治療。点滴も薬も終了し、徐々に普通の生活に戻せてきたと思ったら、少し出ていた手足の痺れはどんどん強くなりました。 少し出始めてから辞めるのでは遅かったのか、、、 幸い、痛みや冷たいものを触れないということはなくなり、ただただ常に痺れがある。という感じ。仕事に支障が出てしまうのかという不安を抱えながらの毎日。ギリギリの所で止まってくれました。 2022年12月に最後の抗がん剤治療を行ってから4月くらいまでは同じ強さの痺れが続きました。慣れとはすごいもので、痺れてるのが当たり前になるとそれが普通になって何も感じなくなる。笑 少しずつ体を動かせるようになってきて、お酒も飲めるようになってきて、病気だという事を忘れられるようになってきても、不意に物を落としてしまったり、つまむ動作が不自由だったり、、 せっかく作ったスープのお皿を片手で持ったら力が入らずぶちまけてしまったり、、笑 お財布から小銭を出そうとしたらうまく掴めず、落とす、時間がかかる、、笑 イライラ通り越して笑えてきました。 病気のことを忘れたいと思っても、毎回そんなことで思い出させられる。悔しい日々。 そんな日々を繰り返し、6月。 ほぼ痺れは無くなりました。早い。ずっと残ってしまう人もいるんです。 早く回復させるために私がやったことは、①高濃度ビタミンCの点滴。②脳脊髄液の流れをよくする治療。①はお世話になっているクリニックの先生に。②は自分ではできないので師匠にお願いしました。どちらも確実に良い方向にきいてくれました。感謝。 痺れもほぼ無くなり、少しずつトレーニング、練習も始められています。今まで通りとはもちろん行かず、冷えるといろんな不具合が出るので注意しながら。 不具合が出るたび嫌な気持ちになり、病気だということを突きつけられます。忘れさせてはくれない。仕方ない。 忘れるのではなく、受け入れる。そう思えるようになりました。 癌になったことは本当に悔しいけど、病気になったことで分かったことや得られたことは山ほど。病気が教えてくれる。って本当にあるんだと思っていますし、病気になって良かったと思うことができています。 これも支えてくださった方々のお陰です。ありがとうございます。 今後は癌のその後とともに、競技復帰に向